もはやSF!動体視力を鍛える眼鏡

2016年08月15日
1467960825

スポーツ愛好家や中高年の動体視力回復にも

株式会社アプリシエイトが製造販売する「Visionup(ビジョナップ)」が動体視力などの「見るチカラ」を鍛えるとして、プロ、アマを問わずスポーツ愛好家たちや衰えを実感している中高年の間で話題になっています。

眼筋を鍛えることで動体視力を回復

高齢者による運転でありがちな、状況判断の遅れと不確かさによる事故は、動体視力の衰えが原因の一つとしてあげられます。実際、動体視力のピークは10代後半で、40代頃から下降をはじめ60代から急激に衰えることがわかっています。

これは、眼球を動かす筋肉の衰えからくるものです。視力は焦点を合わせるシステムの問題であるため回復が難しいとされますが、動体視力を司る眼筋は年齢にかかわらず筋力をトレーニングで取り戻すことができるのだそうです。

「Visionup」はレンズ部分の液晶パネルを点滅させ、視野を断続的に遮断する「ストロボ効果」によって、脳を活性化し眼筋を鍛える眼鏡です。

装着時は、視野の遮断によって見えない部分を補うために負荷がかかり眼筋が鍛えられるため、「Visionup」をはずして視覚が解放された時、やろうとすることがより簡単にできるようになるといいます。

また、ストロボ効果によって動いている対象物は静止して見えます。点滅の速度を調節して、対象物の軌跡や向きを確認することができるので、スポーツのパフォーマンスを高めることにも役立ちます。

軽くて安全、手軽に使用可能

レンズはガラスではなくフィルム液晶なので、ヒビが入ったりガラスが飛散したりする心配もありません。総重量30gという軽量化も実現できました。

使用方法は簡単で、1日おきに1回10~15分練習時に装着するだけです。オランダのフィールドホッケーチームにおけるスポーツビジョン・トレーナーによるテストでは、3ヶ月で約10%の視覚機能・パフォーマンスの向上が確認されました。

プロ野球やJリーグをはじめとしたプロスポーツ界でも愛用者が増えている「Visionup」、スポーツの成績アップ、動体視力の老化予防にとりいれてみてはいかがですか。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社アプリシエイト プレスリリース(ValuePress!)
https://www.value-press.com/pressrelease/165563

「Visonup」公式販売サイト プライマリーショップ
http://primaryshop.jp/

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。