纏う化粧品の商品展開

2016年06月08日
1465196631

アームパック、ヒールパックの自社ブランド販売を開始

帝人フロンティア株式会社は、昨年、身に纏うことで肌荒れを防ぎ、皮膚に潤いを与える化粧品ウェア「ラフィナン(R)」を開発しました。

「ラフィナン(R)」は、健康な肌に近い弱酸性の化粧品成分(食品や化粧品などに広く使用されているリンゴ酸)が配合されたウェアで、肌着やインナーシャツの分野で、日本で初めて化粧品として販売できる商品です。

この度、纏う化粧品「ラフィナン(R)」使用の製品を自社ブランドで商品展開していくことを発表しました。

腕・かかとのスキンケアに用いる「美容アームパック」および「美容ヒールパック」の2アイテムが、自社ブランド販売の第一弾となります。6月2日よりテイジン・セレクトショップ「くらし@サイエンス(R)」(*1) 、6月3日よりセサミ(*2) 全店で販売を開始します。
「ラフィナン(R)」の効果

人間の肌を健康な状態に維持するには、表面を弱酸性に保つことが大切です。肌の表面がアルカリ性に傾くと細菌の繁殖を防ぐことも、外部からの刺激や水分の蒸発を防ぐこともできなくなります。

「ラフィナン(R)」は、汗をかきやすいシーンでも肌が乾燥しやすいシーンでも、肌に直接触れるように着ることで、肌を整え、皮膚にハリ、ツヤ、潤いを与えます。

また、洗濯耐久性に優れているため、洗濯しても効果を発揮し繰り返し使用することができます。

帝人フロンティアは、今後、手袋タイプやソックスタイプなどの商品についても順次発売するなど、様々なアイテムへの拡大展開を進め、2018年度には30億円の売り上げを目指すとしています。

(*1) 「くらし@サイエンス(R)」(http://www.kurashi-science.com/):
主としてテイジンの機能素材を使用した生活用品を取り揃え、快適なライフスタイル関連の商品を紹介する購入サイト。

(*2) セサミ(http://www.tjnaso.co.jp/sesame/index.html):
帝人フロンティアグループで、衣料や生活雑貨などの小売りを中心に事業展開している株式会社テイジンアソシアリテイルの主軸ブランドショップ。千里店、芦屋店、須磨パティオ店、パンジョ店(大阪府堺市)、田園調布店(東京都大田区)の5店舗を展開している。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

帝人フロンティア株式会社のニュースリリース
http://www2.teijin-frontier.com/news/160601.html

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。