ズバリ、くせ毛の原因と対策

2016年06月23日

キレイな人は知っている!TSUBAKICHI(つばきち)の美容雑学 第4回


梅雨の季節ですね。くせ毛の方は、湿度で必要以上に髪がボリューミーになってしまったり、余計にうっとうしいシーズンだと思います。そこで今回は、くせ毛の原因と対策をご紹介します!これでもう梅雨もこわくありません。

 

くせ毛の原因


くせ毛は原因によって大きく3つに分類されます。

見分け方は簡単。
乾いたドライ状態から濡らしてみればよいのです。

そして、毛髪を作る結合は4種類

結合① 水に濡れると切れて乾燥すると繋がる水素結合

結合② 酸、アルカリで切れて液性が元に戻ると繋がる塩結合

結合③ 還元剤で切れて酸化剤で繋がるシスチン結合

結合④ 切ることができないペプチド結合

この4種類の結合をコントロールできればクセを味方にすることができます。


1)水素結合が強く影響して起こる、うねり毛

→ウェット時にクセが伸びる。

水素結合によるクセはドライ時のクセが濡らすと伸びるのが特徴です。

毛髪内の水分量を均等に保つことで改善する可能性があるクセです。

2)シスチン結合が強く影響して起こる、波状毛

→ドライ時のクセがウェット時でも変わらない。

シスチン結合によるクセは状態に関わらずウェーブが変わらないのが特徴です。

3)シスチン結合と水素結合のどちらもが強く影響して起こる、縮毛

→ウェットでクセは多少伸びるが、うねりも残る。

シスチン結合と水素結合、どちらの特徴も併せ持っています。

パーマは最も結合数が多くしっかりしたシスチン結合を還元剤で切り離し、酸化剤で繋ぐ技術のことで、クセの種類によってシスチン結合のアタック法は異なります

 

波状毛はこんな髪

 

 


髪は真皮にある毛乳頭で作られ、毛管を登って生えてきます。

毛乳頭で生まれたばかりの髪はシスチン結合がなく柔らかい状態で、毛穴から入る空気に触れることで酸化されてシスチン結合が作られ、硬い髪に生まれ変わります。

この時、毛穴の形が曲がっていると、酸化時のシスチン結合が曲がった状態で固定されるため、クセとなります。

波状毛はシングル還元法(チオという薬を使ってシスチン結合を切断する方法)を使いストレートにします。

 

 

うねり毛とは?

 

 


うねり毛は毛穴の固定部の形はまっすぐなので直毛と同じなのですが、大気に触れて乾燥すると直毛が曲がってクセになるタイプの髪です。

うねり毛の原因は髪の内部にあるパラコルテックスという皮質とオルトコルテックスという資質(のり巻きでいうご飯の部分)が偏るためです。

このコルテックスの偏りが生じる原因は毛乳頭に流れる血流量のムラだと考えられます。

例えば、貧血状態が続くとうねり毛になることがあります。

 

 

縮毛(ちぢれげ)はこんな髪

 

 


縮毛は波状毛の特徴である毛穴の曲がりと、うねり毛の特徴であるコルテックスの局地的なムラの両方を持っているクセです。

縮毛の髪は、毛根が頭皮に対して横向きに寝ていて、毛乳頭に流れ込む血液が少ないために起こると推察されます。

うねり毛と縮毛はダブル還元法(チオグリコール酸とシステインという薬を使って疎水性のパラコルテックスと親水性のオルトコルテックス、両者にアタックし、シスチン結合を切断する方法)を使いストレートにします。

 

 

ストレートパーマ&縮毛矯正の施術手順


ステップ1

ウェット状態でしっかりとダメージ部分に事前トリートメントを入れ込み、1剤塗布。
薬によるダメージ部分の過膨潤(薬の効きすぎ)を防ぎ浸透を均等にします。

→最短&最低ダメージでしっかり結合を切り離したら、1剤を洗い流します。

ステップ2
中間トリートメントで毛髪保護成分、ドコサラクトン配合のオイルをつけ、熱から髪を守ります。

→丁寧にストーレートアイロン。

ステップ3

ストレートのままシスチン結合を再結合させる2剤塗布。

トリートメントだけで気になるクセが改善することも

水分量を均等に保持できるようにさせることで、うねり毛を改善するトリートメントもあります。

クセの原因によってはストレートや縮毛矯正をしなくても改善される場合がありますので、しっかりとクセの原因を見極めてダメージは最小限に抑えられるメニューを選べるといいですよね。

サロンでは毛髪の状態を見極め、事前トリートメントでダメージを抑えながら施術をしていきます。

薬剤にもこだわり、21種類の植物成分とアルギニンがダメージ部分にしっかりと吸着し、潤いをキープしながら薬を均等に浸透させ、しっかりクセを伸ばし、しなやかで軽やかな質感を再現しています。


プロフィール


椿えりか

 


渋谷にある芸能人御用達美容室P-cottに所属。美容における膨大な薬剤や商品の知識・情報とカラーリストの経験・Aujuaに関する知識が強み。毛髪科学、成分、理論、技術を駆使してあらゆる髪を自由自在に操ります。
現在サロンワークをこなしながら、ヘアメイクの現場でも勉強中。力のあるヘッドスパと的確なツボを抑えるマッサージのファン多数。

出典・参考文献
新ヘア・サイエンス(社団法人 日本毛髪化学協会)
毛髪の科学と診断(薬事日報社)
リトルサイエンティスト(リトル大学院)

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。