汗ばむ季節到来!汗や皮脂のメイク崩れを防止するテクニック

2016年04月22日


気温の上昇とともに、気になりはじめるのがメイク崩れ。「朝、きちんとメイクしたはずなのに、午後にはテカテカ、ドロドロ……」と、汗ばむ肌や浮かび上がる皮脂を怪訝に感じる人が急増。
でも、「どうせ崩れるのだから……」と、メイクするのを諦めるのはちょっと早いのでは? 今回はいかに崩さないか!をテーマに、オフィスでのメイク直し時間短縮に繋げる、秘密のテクニックをご紹介します。

 

スキンケアが崩れにくい肌の基礎を作る


メイクを崩さないために何をしますか? そう質問をぶつけると、多くの人から「ファンデーションを夏用に変える」「ポイントメイクをWPタイプにする」という答えが返ってきます。もちろん、それは間違いではありません。でも、意外と見過ごしているのが“スキンケア”。実は、何気なく行っているスキンケアが崩れを誘発する原因になっていることもあるのです。それもそのはず、スキンケアは肌の土台となるものですから、メイクは既にスキンケアからはじまっているといっても過言ではないのです。
プロのメイクアップアーティストたちも実践する、SPRING&SUMMERシーズンに向けた仕込みスキンケアのアイデアをお教えしましょう。

 

化粧水で肌の凸凹感をなめす!モイスチャーバランスよく


暑くなると、どうしてもスキンケア、そして保湿が手抜きになってしまいます。でも、オフィス空間では、そろそろ冷房も可動する頃。肌の乾きは、暑さに比例して加速しがち。そんなとき、化粧水の量を減らすと、インナードライ化してしまい、皮脂が浮き出てしまうという結果にも。肌にはたっぷりと水分を補給しなくてはなりません。そこでおすすめなのが、収れん化粧水によるコットンパック。これには、モイスチャーバランスを整える、皮膚温度を下げる、毛穴を引き締めるという効果も。
また、拭き取り化粧水も効果的。肌が皮脂や汚れでザラついていると、そこからメイクが崩れていきます。肌に触れ、ザラザラ感がゴワゴワ感を感じるときは、ただハンドプレスするだけでなく、拭き取りのプロセスを踏むのが効果的です。それで肌をフラットに整えることで、肌の基礎を整え、皮脂や汗による土砂崩れを予防します。

【収れん化粧水の使い方ポイント】
1.一度コットンを水で濡らし、しっかりと絞る。
2.絞ったコットンに収れん化粧水をたっぷりと含ませる。
3.コットンを薄く3~4枚に裂いて、顔全体にのせて5分程度パックする。

【拭き取り化粧水の使い方ポイント】
1.拭き取り化粧水をコットンにたっぷりと含ませる。
2.ザラつきが気になる、鼻まわりや頬、額やアゴなどをやさしく拭く。

 

乳液やクリームは省かずに適正な量を正しくつけることが大事


「乳液やクリームの油分はメイク崩れの原因になるのでは?」そう思う気持ちは分かりますが、それらが肌の保湿、蓋の役割担うアイテムであることを考えると、省略した場合のデメリットは大きいでしょう。問題は、その使用量。肌の表面に必要以上に残っていると、確かにその後にのせるファンデーションが地崩れを起こしてしまいます。要は、適量をのせ肌に薄膜を作るくらいの意識で使うということが大事なのです。

【乳液やクリーム使い方ポイント】
1.乳液やクリームはアイテムに表示されている適量を守って肌にのせる。
2.1分程経ってから、ティッシュを顔にのせ、軽く上から押さえる。
3.小鼻のまわりなどの細部は何もついていないスポンジなどを使ってなめすように押さえる。

 

高機能な最新メイクアップベースで盛らずに密着効果を上げる


肌とファンデーションを繋ぐ役割のメイクアップベース。この存在もまた、メイク崩れ防止には大切な存在。最近は、高いUV効果は当たり前、肌の奥から光を放つような透明感やブライトニング効果のあるものまで、スキンケアかと見間違えるほど薄づき&高機能ものが続々と登場しています。
高機能であれば、あれこれとアイテムを重ねる必要もないので、自然とメイクアップの厚塗り感もなくなりますよね……。
そして、その使い方にもポイントが! 近年は「ファンデーションを首までのばして顔と肌の色の差を揃える」というメイクアップ法はもう古いとされています。むしろ、のせスペースを縮小し、盛らずに極薄く……という傾向に。要するに、顔は中央部分が美しければ、見た目にもキレイに映るという理論です。となれば、下地も例外ではありません。とくに汗をかきやすい額の生え際やアゴ下へのベースメイクが簡易化されれば、崩れも軽減、そして崩れても悪め立ちすることはなくなるはずです。

【メイクアップベースのつけ方ポイント】
1.下地をのせるエリアは、眉上から唇の下までをぐるっと円で囲むくらいの範囲。
2.手でのばしたままだと、指の跡がついたりムラになるので、スポンジでフラットになるように内から外へのばす。
3.崩れやすい小鼻まわりやアゴなどもスポンジでムラなくのばす。

さあ、初夏に向けて出てくる汗や皮脂を怖がる必要はありません。長持ちメイクで表情もココロも元気をキープしましょう。

ライター/Yuka Tsuruta

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。