ひび割れや二枚爪、縦に入ったスジ… ネイルの悩みにどう対処する?

2016年03月03日

 

マニキュアやジェルネイルなどでネイルアートを楽しむ人が増えてきました。でも、どんなにきれいにマニキュアを塗っても、もともとの爪が美しくなければ心からネイルアートを楽しむことはできません。薄くて割れやすい、二枚爪など、爪の悩みへの対処法を紹介します。

爪の悩み、どうしていますか?

 

カラフルなマニキュアやジェルネイルで爪を装うと、なんだか気持ちがウキウキする!————そんな女性も多いのでは? どんなにきれいにお化粧をしても、自分では鏡越しにしか見られませんが、爪は常に自分の視界に入りますから、満足感が高まります。

でも、爪が薄くてすぐにひび割れたり、二枚爪になってしまったり、また縦線…スジができてしまうなど、爪のトラブルや悩みを抱えている人も多いはず。ストッキングにひっかけてデンセンさせてしまった経験は女性なら誰しもあるでしょう。
せっかくのネイルアートも、地爪が美しくなければ魅力は半減してしまいます。
そこで、まずはきれいな地爪を作る方法を紹介しましょう。

皆さん、爪切りはどうしていますか?
パチンパチンと爪切りで切っているという人、いませんか?

爪切りで爪を切ると、どうしても過剰な圧力が爪にかかって亀裂の原因になることも。
一番いいのは、エメリーボード(ネイルファイル)で爪を少しずつ削る方法。爪に対して45度の角度にエメリーボードをあて、爪の長さや形を整えていきます。
このとき注意したいのは、エメリーボードをごしごしと左右に動かすのではなく、一定の方向に動かすこと。これで爪に対する負担を軽減できます。

わかっているけど、面倒くさいからついつい爪切りを使ってしまう…という方は、乾いた状態の爪を切るのではなく、お風呂あがりなど爪が水分を吸収して柔らかくなっているときに切るようにしましょう。

 

爪の傷みを補修して、強く美しい爪に

 

爪割れや二枚爪などを防ぐ化粧品も販売されています。なかでも「Dr.Nail ディープセラム」は、爪の内部まで浸透して傷みを補修してくれるアイテムです。

これまで薄い爪を補強するためにベースコートやハードナーを塗っていた人もいると思いますが、これらは爪の表面に膜を作って物理的に爪を補強し、外部の刺激から守るものでした。
ディープセラムは保護成分を、爪の内部に浸透させて傷んだ爪自体を補修するという新しい発想の商品です。爪の成分であるケラチンの生成に欠かせない有機硫黄と、爪を健やかにするために必要な有機ケイ素を豊富に含む成分が配合されています。

 

使用方法は簡単で、夜寝る前に清潔にした爪にディープセラムを塗るだけ。マニキュアのような小瓶に入っていて手軽に濡れるので、忙しい人でもトライしやすいでしょう。
またディープセラムはマニキュアとは違い、爪に浸透していくので、医療関係や飲食関係など、ネイルがNGの職場の人でも安心して使用できます。

実際に使ってみると、水溶性とうたっている通りにネイルオイルのようなべたつきがなく、さらっと爪になじみます。余計なにおいがなく、乾きも早いので、寝る前に塗ってすぐに布団に入れるのはうれしいポイントかもしれません。

美しい爪を手に入れて、ネイルアートに挑戦してみませんか?

 

◆商品情報
Dr.Nail ディープセラム(3.3ml)
全国の薬局、ドラッグストア、バラエティーショップで販売
お問い合わせ:03-3279-7755(興和株式会社)

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。