書籍紹介『イート・プリティ』キレイになるために食べるべきものとは?

2016年10月03日

 

流行りのメイクやファッションに身を包んでも、肌はボロボロで髪はパサパサ。結局、健康な身体がなければ化粧も服も無意味でしかない。『イート・プリティ』は全米に知られるカリスマ美容エディター兼ジャーナリストの経歴を持つ著者ジョリーン・ハートが自ら研究し実践した、キレイになる食べ物やライフスタイルを凝縮した一冊。

 

食べ物こそが美を作る! 

 

ウエストラインは崩れ、足は皮膚炎でかゆくなり、目の下にはシミが広がり―。仕事柄、各社から山ほどサンプルを提供され、最新の美容商品を自由に使ってきた著者は、身体の不調を抱えながらも、自分自身を魅力的にしてくれる魔法のコスメを探していた。やる気もなくなり、楽しい気分にもなれない。ボロボロになっていたところにたどり着いたのが、根本的に見落としていたこと―毎日口にしている食べ物や食べ方を見直し、食べて内側から美しくなること(=Eat Pretty:イート・プリティ)だった。

 

美を阻む食べ物、美を育む食べ物

 

もって生まれた美しさと健康を取り戻すには、身体を内側から変えていく必要がある。米国代替医療協会認定ヘルスコーチとなったジョリーンがまず紹介するのは、「美を阻む食べ物」。その筆頭に挙がっているのはアルコールだった。肌への血流に影響し、毛細血管が壊れて、肌ツヤがなくなるか、赤くなる。飲むならば適量にして、美しさを損なわないように心がけたいとのこと。そのほか、カフェイン、缶詰とビスフェノールA、乳製品、揚げ物、加工食品など、普段日常的に誰もが口にしている食品と無防備に付き合うことが美容に及ぼす影響は少なくないことがよくわかる。

 

しかし本書の発想は、食べ物=悪ではなく、あくまで食べてきれいになるということ。美容に悪い食べ物との付き合い方の次には、美しくあることに欠かせない栄養素や、たくさんある植物のフィトケミカルの美容効果などが、それらを含む食べ物とともにわかりやすくまとめられている。

 

彼女が日ごろからストックすることをすすめる美容によい食べ物には、アップルサイダー・ビネガーやオーガニックのポップコーンなどのアメリカならではのものだけでなく、イワシや海藻、ソバなど日本でも簡単に手に入るものも含まれていた。例えばソバは、「若い肌を維持する」。ソバに含まれているルチンはシワの原因となるAGEの生成を抑えるのだ。また、キビに含まれるトリプトファンは、体内で精神を安定させるセロトニンに変化する。このため、キビを食事に取り入れることで、幸せで落ち着いた気持ちになれるのだ。

 

 

甘味料ならステビア、メープルシロップ、生ハチミツ、ココナッツシュガー、ブラックストラップ・モラセス。これに彼女おすすめの16種類のスパイスとハーブを常備しておくと、季節の野菜や果物を買って帰れば美容に良い食事がさっと作れるという仕組み。その際、なるべく栄養素を壊さずよく吸収できる調理法などもさらっと紹介され、かゆいところに手が届く。これらのストック食材で手軽に作れる朝食レシピは、イワシとキュウリを使った海苔巻き風のものもあったりしてなかなか使えそうだ。

 

春夏秋冬、それぞれの季節の美容目標に続いて、美容にいい食べ物とその栄養素、効果の解説と季節のレシピも載っている。買い物やクッキングの参考になるし、アメリカ発のレシピを作ってみるのはおきまりメニューの打破にも一役買いそう。

 

消化、腸内フローラ、ホルモンバランス、睡眠、呼吸、運動など盛りだくさん

 

食べて美しくなるために、食べること・栄養を摂取することにまつわるプラスαのヒントも興味深い。例えば、食事10分前に水を飲むと、腸の表面にある絨毛が潤い、消化がスムーズになると本書で知った。そして、食事の時にいい気分でいることも消化にはとても重要だとジョリーンは指摘する。確かに、心配事を抱えていたりすると、食事が喉を通らなくなる。ゆったりと安定した精神状態があってはじめて、食べた栄養を十二分に吸収できるようになるのだ。さらに食べ合わせの問題や腸内フローラを養う食べ物とサプリ、ホルモンの美容への影響やホルモンバランスをよくする食べ物選び、心地よい睡眠や呼吸、運動、そして自分を愛し受け入れることなど、ジョリーンの関心は広くライフスタイルや精神と体・食べ物との関係にまで及ぶ。

西海岸のハイセンスな出版社クロニクルブックスが出がけた本だけあって、装丁や中のページデザインもとてもお洒落。美しくなる食べ物とともに、キッチンに常備しておきたい一冊だ。

 

書籍は読んでしまえば終わりだが、イート・プリティは食べて美しくなることを実践するための指南書。書かれていたことを理解しても、行動しなければ意味がない。そこで書籍の続編として、イート・プリティをさらにスムーズに実践するためのガイド&ジャーナルも発売されている。これもなかなか秀逸。

 

 

イート・プリティ: EAT PRETTY 正しい栄養の取り方がキレイの理由

著者:ジョリーン・ハート

出版社:クロニクルブックスジャパン

出版年月:2016年4月16日

 

イート・プリティ キレイのためのガイド&ジャーナル: EAT PRETTY,LIVE WELL A GUIDED JOURNAL

著者:ジョリーン・ハート

出版社:クロニクルブックスジャパン

出版年月:2016年6月21日

 

プロフィール

宮本由紀子

 

医学をわかりやすく、をミッションとするプサラ研究所研究員。最新医学・科学ニュースそして健康本オタク。動物好き・旅行好き。読めば人生が変わるかもしれない美容・健康に役立つおすすめの一冊を紹介していきます。好きな食べ物はハチミツ。最近は自然農法にはまっています……。

 

編集:プサラ研究所

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。