意識の違いは「購入目的」!日本人女性VS中国人女性

2016年10月18日

 

日本人女性と中国人女性、健康食品の意識調査


2016年2月に日本人女性、2015年12月に中国人女性それぞれ300人を対象にアサヒグループ食品株式会社のダイエットサポートブランド「スリムアップスリム」がおこなった、健康食品に関する意識調査結果が公開されています。

 

日本人女性は自分磨き・中国人女性は家族の健康維持

 

健康食品の購入目的で、日本人女性は「自分自身のため」に総合的ビタミン・栄養補給・美肌効果・健康維持・増進をポイントにおいて購入しており、目的は同じでも中国人女性は「自分と家族のため」に購入しているという結果です。ほぼ同じ割合で「免疫力・抵抗力強化」目的がトップになっており、日本と中国のお国柄が表れているようです。

 

「爆買い」の発想はここから?


購入する際に重視する点では、「効果・効能の高さ」「信頼できる製造メーカー・販売メーカー」という回答が多かったのが日本人女性で、逆に中国人女性は「効果・効能の高さ」は同じ1位でしたが「含まれる成分が無添加・天然由来」を重視する傾向です。

日本人女性は通常品質で安値・国産ブランドを重視していて、中国人女性は高品質・高値、自国のブランドではなく欧米や日本製ブランドに注目しています。

 

日中共通なのは、信じられるのは自分?


逆に購入時に重視しない点が「有名人等の利用体験談」「利用者○○万人突破等の利用実績」「魅力的なパッケージデザイン」で、日本人女性と中国人女性どちらとも多いのです。万国共通、女性の強い意志が表れているようです。それぞれの重視ポイントなどを参考にし、美容・健康のためにじょうずに健康食品を利用するヒントにしたいものです。

調査をおこなったアサヒグループ食品株式会社では、ウェブサイト「スリムアップスリム」で様々な商品情報を配信しています。

(画像はプレスリリースより)


アサヒグループ食品株式会社のプレスリリース
http://prtimes.jp

スリムアップスリムのURL
http://www.asahi-fh.com/sus/

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。