髪のホームケアはこれで万全!家でできる髪にいいこと

2016年09月01日

キレイな人は知っている!TSUBAKICHI(つばきち)の美容雑学 第8回

 

たったこれだけ、毎日の生活で気をつけるだけで髪にこんなに差が出る!

毛髪を健康に保つには、からだ自体の基礎となる栄養を規則正しく摂取することです。直接毛髪に作用する成分ではなくても、血行促進や、ホルモンバランス、基礎代謝の手助け、内臓機能の正常化…など健康に近付くことがいちばん効果的です。

 

サロンでの特別なヘアケアも、毎日のコツコツとした習慣で効果が違ってきます。

今回は家でできる髪にいいことをおすすめ商品とともにご紹介します。

 

まずはご挨拶:ヘアメイクとして独立・所属サロンを移籍しました!

 

いつも連載をお読みくださり、ありがとうございます。

これまでサロンワークを行う美容師としては「椿えりか」、ファッション誌などのヘアメークでは「TSUBAKICHI(つばきち)」として活動してきましたが、2016年8月をもちまして所属サロンを移籍しヘアメークとして独立し、これを機に名前もTSUBAKICHIと統一することになりました。

今後も美容師として、ヘアメークアップアーティストとして、知って役立つ美容マメ知識をみなさまにお伝えしながら、おすすめ商品などもご紹介していきたいと思っております。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

1.良質な睡眠がつやつやの髪を作る!

 

 

髪を美しくするためには、良質な睡眠を十分にとることが必要です。

顔だけでなく頭皮も皮膚に覆われています。皮膚と筋肉の間にはリンパ液が流れていて、新しい皮膚の細胞分越に必要な栄養を補給しています。

この細胞分裂が盛んになるのは夜9時から11時の間が最高で、朝5時から10時の間が最低になるので、理想的な睡眠時間は夜10時から朝の6時の間ということになります。

毛髪にとっても毛髪に栄養を運んでくれる毛細血管がスムーズでなくてはいけません。毛髪のための栄養が血液を介して毛乳頭に運ばれるのは睡眠中なのです。

 

2.髪と栄養

 

美しく健やかな髪作りに欠かせないのが栄養たっぷりの食事です。

髪に大切な栄養を知って、不足しないように気をつけましょう。

 

ビタミンB2は美容ビタミン

健康な皮膚、毛髪、粘膜を作ることから「美容のビタミン」とも言われているのがビタミンB2です。

ビタミンB2は脂質と糖質を分解し、エネルギーとして使える状態にしてくれます。細胞の再生、免疫力アップにも効果、脂肪の蓄積を防ぐ効果もあります。

 

ビタミンB2の多い食品

レバーや納豆、うなぎ、卵など

 

 ビタミンB2と一緒に摂りたいビタミンC

ビタミンB2を摂るときにはビタミンCも一緒に摂ると効果が高まります。

またビタミンCはタバコやストレスにより減少します。。ビタミンCはコラーゲンの合成を助け、メラニン色素が作られるのを抑制する効果があるため、美白を求める方も積極的に摂取しましょう。

 

ビタミンCの多い食品

 

アセロラやピーマン、イチゴなど。果物や野菜を豊富に摂りましょう!

 

ビタミンB1はお酒を飲む前から

お酒を飲む日や翌日のむくみにはビタミンB1。アルコールの代謝や糖質を分解しエネルギーに変えるにはビタミンB1が大量に消費されます。ビタミンB1が不足すると瞼や顔全体もむくみやすくなります。解消のためだけでなく、お酒を飲む前に事前に摂取しておけばむくみ予防にもなります。

また糖質のエネルギーは脳や神経を正常に働かせる作用があるので、精神を安定させ、ストレスを溜めないようにするには大切な栄養素です。

 

ビタミンB1の多い食品

豚肉や納豆、のり、たらこなど。

 

ビタミンPはビタミンCの吸収によい

・ビタミンCの吸収を助けてくれるビタミンP。間接的にコラーゲンの合成に役立つだけでなく、毛細血管を丈夫にしてくれる作用があります。

 

ビタミンPの多い食品

ミカンやレモン、そばなど。

 

3.日常のヘアケアで気をつけること

 

毎日の積み重ねで、たとえロングでもきれいな髪を維持できます。

シャンプー 

シャンプーは自分の髪質に合ったものを使用し、流し残しがないようにしっかりとすすぎましょう。

 

TSUBAKICHIが勝手に好きなシャンプーたち

 

市販品・・・ミノン、ピュアナチュラル、ボタニスト、オレオドール、ジュレーム

 

サロン専売品・・・エニリピュアシャンプー、イコイノセントシャンプー、ケアオブヤードシャンプー、ESTESSIMOヘッドスパシャンプー、Fプロテクト、アプルセルマスクシャンプー、ザクロ炭酸シャンプー、モイストカームシャンプー

 

トリートメント 

トリートメントは頭皮に付けず、毛先を中心に塗布し、滑りがなくなるまで流しましょう。

逆に頭皮用のトリートメントは地肌にしっかり塗布し、少しずつマッサージで馴染ませましょう。

(トリートメントはシャンプーに合わせてもいいですし、求める髪質によって種類を変えても良いと思います)

 

ヘアドライ1 

乾かす前は目的に応じて洗い流さないトリートメントを使用し、根元からしっかりとドライヤーの熱を当てましょう。

 

TSUBAKICHIが勝手にオススメのアウトバストリートメントたち

 

市販品・・・オイリムヘアオイルミスト、アプリーナオーガニック、アロアロ

 

サロン専売品・・・i second lotion、ディーセスエルジューダシリーズ、オージュアシリーズ、ロレッタシリーズ、モロッカンオイル

 

 

ヘアドライ2 

濡れたまま寝たり、自然乾燥はキューティクルが開いたまま乾燥し、摩擦によりキューティクルが剥がれてしまうので避けましょう。

 

TSUBAKICHI が最近気に入っているドライヤーたち

 

HAIRBEAUSER、リニアシルクウィンドライヤー、Panasonicナノケア

 

ヘアドライ3

乾かしすぎは静電気を起こし、熱によって閉じたキューティクルが再び開いて水分量を低下させてしまうので長時間ドライヤーの風を当て続けるのはやめましょう。

 

紫外線対策 

紫外線は肌だけでなく、頭皮や毛髪にとっても大敵です。紫外線によって作られる活性酸素は様々なトラブルを引き起こします。

 

 

TSUBAKICHIのオススメ紫外線対策商品たち

 

UVスプレー ディーセス デイチャームUVミスト(SPF50+.PA++++)

 

UVトリートメント ディーセス エルジューダサントリートメント(SPF25.PA+++)

 

 

いかがでしたでしょうか。毎日のことだから、知らぬ間にぐんと差が付きます。

ぜひ実践してみてくださいね。

 

 

プロフィール

TSUBAKICHI(つばきち:椿えりか)

 

美容師・ヘアメークアップアーティスト。美容における膨大な薬剤や商品の知識・情報と、カラーやパーマ、トリートメント理論の知識が強み。毛髪化学、成分、理論、技術を駆使してあらゆる髪を自由自在に操る。2016年8月よりヘアメークアップアーティストが在籍する恵比寿の美容室・ENISHIに所属。サロンワークをこなしながら、ヘアメークアップアーティストTSUBAKICHI(つばきち)として独立。力強さと的確で即効性のあるマッサージでSpaListとしてのファンも多数。浴衣から振袖まで、着付もこなすオールラウンドプレーヤー。

 

編集:プサラ研究所

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。