ナチュラルで透明感が理想の顔。15~34歳女性の調査で

2016年09月12日

 

最新の理想の顔像にせまる


何か違う!どこか新しい!!をコンセプトに「デジャヴュ」や「オペラ」などの化粧品ブランドを提供するイミュ株式会社は、15~34歳の女性を対象に「理想の顔」についてのアンケート調査を実施し、その結果を発表しました。

 

 

 

透明感とナチュラルさが理想


今回の調査は、15~34歳の東京地区の女性397名を対象として行われたもの。

「理想の顔」の印象では、透明感と健康的では、全ての年代で透明感がある方が、印象が良いと回答があり、続いてのナチュラル顔とフォーマル顔どちらの印象が良いかについても、全年代でナチュラルな方が、印象が良いとの結果でした。

また、個性的と万人受けどちらの顔が理想かについては、万人受けする方が、印象が良いと答える割合が多いものの、どちらでもないと回答する人も多くいました。

 

 

 

 

華やかでも可愛いか綺麗かは年代による


さらに続く、印象に関しての質問では、幼いよりは大人っぽい、シンプルよりは華やかで、コンサバよりは今どきの顔を理想とする回答が主を占めました。

一方、可愛いと綺麗ではどちらの印象が良いかでは、15~19歳がどちらもほぼ同率であったのに対して、20~29歳では可愛いに軍配が上がり、30~34歳では再びほぼ同率となるなど、年齢層によって変わることが分かりました。

 

 

 

 

重要なパーツは目


次に理想の顔だと思うハーフのタレントの、どの部分に魅力を感じるかについての質問では、「目」が1位で30.4%、次いで「顔のバランス」27.7%でした。

もし顔のパーツを1つだけ変えられるとしたら、どこを変えたいかという問いに対しても1位が「目」23.4%。次いで2位が「鼻」22.9%でした。

「目」と回答した人に多かったのが、「目を大きく見せたい」、「目をパッチリ見せたい」など。存在感のある目が重要と考えているようです。

同社は、イマドキ女子は人目を惹く存在感がありながらもピュアで透明感のある顔立ちを理想としていて、特に目が重要なパーツであると見ていることがはっきりしたとしています。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

イミュ株式会社のプレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news

 

 

 

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。