もしかしたらシャンプーが原因かもしれない、その髪の悩み

2016年08月04日

 

髪と美についてのアンケート調査を実施


美は人生を変える「BEAUTY FOR ALL」をコンセプトに女性の美を包括的にサポートするロレアル パリは、20代から40代の女性600人を対象に「女性の髪と美に関する意識調査」をインターネット上で行い、その結果を7月28日に公開しました。

 

 

重要なヘアケアはシャンプーで、多くが毎日派


20代から40代の各世代の女性200人ずつ計600人に対して行われた調査の結果では、髪のために行っている1番重要なケアはシャンプーで65.3%。次いでコンディショナーやトリートメントで25.3%でした。

髪を洗う頻度は、毎日と答えた人が77.3%。週6日が5.7%、週5日が6.3%とほぼ毎日洗っている人の割合が9割近くを占めていました。

 

 

 

 

自分の髪への満足度は低く


一方で自分の髪に満足しているかどうかでは、あまり満足していないが46.7%、満足していないが18.3%と65%近くが満足していない結果となっています。

その理由は、パサつきが69.2%、ひろがりが52.3%、うねりが49.7%で、髪にダメージを受けていると考えている人も8割近くいました。

ダメージの原因について、シャンプーと思う、またはどちらかというとそう思う人が54.7%と半数を超えています。それでも絶対毎日シャンプーしたい、なるべく毎日したいと考える人は多く、86.3%もの人が毎日シャンプー派でした。

日本人女性は、ダメージを心配しつつ毎日シャンプーしたいというジレンマを抱えている様子が見て取れる結果となりました。

 

 

 

 

新しいヘアケア習慣を提案


ロレアル パリが2013年に行った調査では、毎日シャンプーを使って髪を洗う欧米人女性はわずか23.0%と、日本人の意識と大きく差があることがわかっています。

同社では、日本人女性のジレンマを解決する新しい提案を秋に行う予定です。ダメージの原因と思われている泡に着目。髪と頭皮をやさしく、しっかりと洗い上げる泡なしクレンジングクリームを新しいヘアケア習慣に取り入れて欲しいとしています。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日本ロレアル株式会社 コンシューマー プロダクツ事業部
ロレアル パリ事業本部のプレスリリース(@Pressより)
https://www.atpress.ne.jp/news/108609

ロレアル パリ「シャンプーに変わる新手法」
http://cp.lorealparisjapan.jp/

 

 

 

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

この記事の関連ワード

新着の記事

Sidekibit b fefa1c4699a4986147a527399409cd3c5417e373a7c81d98947fd955971daf54

人工知能KIBITが、あなたに合った記事をおすすめします。 初めてKIBITに教えた時は翌朝までお待ちください。