アロエ摂取の副作用に要注意!大量に食べた時の怖い症状を徹底解説

アロエ摂取の副作用に要注意!大量に食べた時の怖い症状を徹底解説

便秘解消やダイエットでアロエ入りのサプリを摂っている方いらっしゃるかと思います。確かな効果を持つアロエですが、摂りすぎると怖い副作用が起こる可能性が…。今回はその副作用について解説します。


アロエの注意したい副作用とは

Getty logo

便秘改善や健胃効果、ダイエットにも良いとされるアロエ。サプリを利用したり、自宅でアロエを育てて食べている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかしこのアロエ、摂りすぎると思わぬ副作用を招いてしまうという側面もあります。下手に薬効が強い分、副作用も一般的な健康食品に比べると大きめです。

今回は、このアロエの副作用について詳しく調べました。用法用量を守って正しく摂る参考にどうぞ!

アロエを食べた時の副作用

Getty logo

アロエを経口摂取した場合の副作用は、主に大量に食べた場合とそもそも食べてはいけない時に食べた場合の2パターンに分かれます。特に食べてはいけない時…具体的には妊娠中の場合は重篤な副作用が起こる可能性が大です。

アロエを摂るときは副作用を念頭に置いて、少しでも体調が悪くなった場合はすぐに摂取を止めるべきでしょう。

多量に食べた時の考えられる副作用とは

まずは大量に食べた時の副作用についてです。健康食品には摂取目安量が必ず書かれているかと思います。アロエ健康食品も、摂取目安量を参考にして大きく外れて大量に摂らないように注意しなくてはいけません。

アロエを一度に大量に摂取してしまうと腹痛や下痢などを引き起こす恐れがあります。また、重篤な副作用が出た場合は、肝臓障害を起こしたり死亡した例も報告されているようです。様子を見ながら少量ずつ摂取するようにしましょう。

また、アロエはカリウムも多く含みます。アロエを15g摂取したときは15mgのカリウムを摂取することになるので気をつけるようにしましょう。

アロエ摂取量の目安とは

アロエを生食する場合の基本的な摂取量の目安は、成人の1日の適量がキダチアロエの葉で15g、アロエベラの葉で60gとされています。ただし、体質や体格、体調によって個人差があるので、自分に合った量をできれば少量から始めて探していくようにしていった方が良いでしょう。

サプリを利用する場合は、サプリごとに摂取量目安が書いてあるかと思います。この摂取目安を大きく外れないように摂るようにし、こちらもできれば少ない量から徐々に増やしていくようにしましょう。

そして、思った以上にお腹が緩い、胃がキリキリするなどの体調変化が起きた場合は、しばらく摂取を中止し、様子をみる、医師に相談するようにしましょう。

食べるのを控えたほうが良い人とは

実はアロエには堕胎にも用いられる成分が含まれており、妊娠中の方がよく分からずに摂取するのは危険とされています。

妊婦さんに悪影響を与えてしまうのはアロエの皮です。アロエの皮にはアロインという成分が含まれています。アロインを妊婦さんが摂取してしまうと、子宮を収縮させてしまう作用が働き、早産、流産を招いてしまう可能性があるのです。

また、血液中にアロインが混じってしまい栄養として胎児に送られることで、胎児の腸の運動を激しくしてしまい胆糞(胎児の便)が出てしまいます。

アロエを利用するときの注意点

Getty logo

アロエを摂るときは、副作用以外にも注意すべきことがあるようです。特に自宅でアロエを育てて食べている方は十分ご留意ください。

アロエの効能を過信しすぎない

アロエは歴史的にみて長い間健康効果が高いとされてきた植物です。しかしアロエは薬ではありません。あくまで健康食品です。

過信しすぎて体の不調をアロエだけで治そうとはせずに、その他に症状があったり何か体の不調を感じる点などがあれば、必ず医師の診断を受けるようにしましょう。

食べる時は少量から始める

アロエは摂取目安量が定められています。しかし、副作用の項目でも述べましたが体質や体格、体調によって副作用が出る量には個人差があるので、自分に合った量をできれば少量から始めて探していくことが大事です。特に生食している方、これからやってみようという方は量に気を付けるようにしましょう。

また、体調不良が出ない!大丈夫!だからと言って摂取目安量を大きく超えるような量を摂るのはおすすめしません。短期間なら大丈夫でも、数日過剰に摂取することで結腸の出血を伴う下痢や腎臓障害を起こしたという話もあります。十分に気を付けましょう。

緑の葉の部分は要注意

アロエの表面の緑の部分。かじったことがある方ならご存知かと思いますが、非常に苦いです。

この苦みはアロインという成分によるもので、アロエの健胃、緩下、瀉下作用をもたらす成分になります。そして、副作用の項目で上げた妊娠中の方が絶対に摂ってはいけない成分でもあります。

また、この成分の健胃効果は胃酸の分泌を促す効果になります。胃潰瘍の方にとっては健胃どころか症状が悪化してします可能性があります。緑の皮の部分を摂取するのは控えたほうが良いでしょう。

肌に使う時は事前にパッチテストを

化粧水など、肌に使用し始める前に必ずパッチテストを行い肌との相性を見るようにしてください。

パッチテストの方法は、ガーゼなどにアロエ化粧水を浸し、二の腕の内側などの柔らかく目立たない部分に絆創膏などで貼っておきましょう。その後、30分経過して肌に変化がないか確認します。

もしここで赤みや痒みなどが生じたらすぐに洗い流して、化粧水の使用は控えましょう。

30分経過しても変化が見られない様であれば、そのまま24時間貼り続けます。基本的にはそのまま入浴せず、24時間経過後と48時間経過後の皮膚の状態を確認するようにしましょう。

特に肌に問題が出なければ、使っても大丈夫です。

アロエの役立つ効果の数々

Getty logo

ここまで副作用や注意点など、アロエの危険な部分について触れてきました。

しかし、用法用量をきちんと守れば、危険どころか良い成分たっぷりの健康素材なのです!古くは「医者いらず」と呼ばれていたほどです!

ここからは、アロエがもつ数々の役立つ効果を紹介します。

整腸効果

まずは、アロエの代表的な効果の整腸効果についてです。アロエには、アロエマンナン、グルコン酸などの多糖類が多数含まれています。

腸の中には善玉菌と悪玉菌が存在しており、そのバランスが保たれていることで腸内環境を維持できています。しかし何らかの原因により悪玉菌が優位になると、食べ物が長時間に渡って腸に滞留してしまいます。腸内環境が悪化すると、便秘をはじめとしたトラブルが起こるのはこう言った仕組みによるものです。

アロエに含まれる多糖類は、善玉菌の働きをサポートする効果があります。これにより、腸の調子を整える効果が期待できます。

便秘改善効果

アロエ健康食品の購入理由の1位と言っても過言でもない便秘改善効果についてです。

アロエに含まれるアロイン(バルバロイン)、アロエエモジンなどは、大腸を刺激する作用を持っています。ちなみに、この二つの成分はアロエの皮に多く含まれています。

大腸が刺激され活発に動くことより、便通がよくなり便秘改善に効果があるといわれています。

アロエには前述の整腸作用もあります。この2つの効果により便秘改善が期待できるのです。

血流改善効果

意外にも思われるかもしれませんが、アロエには血流を改善する効果があります。

アロエの成分の1つであるアロインには、血行促進効果があります。また、アロエのアミノ酸、アロエマンナンなども、新陳代謝を促し血行を良くする成分であるといわれています。

血行不良により肩こりや冷え性をお持ちの方は、アロエを食べてみると改善される可能性大です!

免疫力向上効果

アロエに含まれる多糖体には、腸内のビフィズス菌などの善玉菌を増やし、悪玉菌を抑える効果があります。これにより腸内細菌のバランスが改善されます。

腸内細菌のバランスが改善されることにより、腸内での食べ物の消化・吸収がスムーズになり、免疫細胞が活性化されて、体の免疫力が高められるというわけです。

さらに活性化された免疫細胞は、生理活性物質であるサイトカインを放出し、からだ全体の免疫系細胞を刺激することもわかっています。

サイトカインとは、免疫反応などによって体液中に分泌されるタンパク質のことです。良く知られているサイトカインとしては、インターフェロンがあります。インターフェロンには、ガン細胞やウイルスの増殖を抑制する、生体防御機能があることが知られています。

ダイエット効果

アロエのダイエット効果は、アロエに含まれる何か一つの成分が直接的にダイエット効果をもたらすのではなく便秘解消効果、血流改善効果などの作用を持つ成分が相乗的に作用し、ダイエットに対して効果的に働くと考えられます。

健胃効果

アロエには様々な胃によい成分が含まれています。

アロイン、アロエモジン、バルバロインは、胃液の分泌を活発にして胃もたれや消化不良や食欲不振に働きかけます。

また、胃潰瘍によい成分としてアロエウルシン、ムコ多糖体が挙げられます。どちらも胃を保護し荒れた胃壁に優しい成分と言われます。

二日酔い改善効果

二日酔いの改善に必要な要素として、肝機能の回復、肝機能が弱まり分解できずに血液中に流れ出たアセトアルデヒドの分解が必要です。

アロエの主成分であるアロエチンは解毒・消毒作用があり、肝臓の解毒作用を活性化し、肝臓の負担を軽くする働きがあります。

また、豊富に含まれるビタミン・ミネラル・アミノ酸などの栄養成分が肝臓の働きを助け、代謝の回復をサポートします。

火傷や傷の修復効果

アロエの葉の内部にある半透明でゼリー状な葉肉部分には、日焼けなどの軽度の火傷にともなう痛みを和らげる効果や、傷の治癒を促す効果があるといわれています。日焼けしてヒリヒリしているときにアロエの汁を塗った覚えのある方がいるかもしれませんが、この効果を期待してのことです。

しかし、切り取ってきた生のアロエには、雑菌も付着しています。そのため、火傷の傷口から雑菌が入り込み、感染症を引き起こす可能性があるので注意してください。

アロエを肌に着けるときは、アロエを熱湯消毒または煮沸消毒をして、冷ましてからゼリー状の部分を葉から取り出し患部につけるようにしましょう。

殺菌・解毒効果

キダチアロエにはなくアロエベラに特有の成分の一つに、サポニンがあります。

サポニンには抗菌作用、抗炎症作用などがあるとされています。抗アレルギー作用などもあるとされ、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患にも効果が期待できるとして、研究が進められています。

美肌効果

アロエには、様々な美肌効果を期待できる効果があります。

主な効果を挙げると肌のターンオーバー調整、美白、シミ・そばかす発生防止、コラーゲン活性化、肌の保湿、ニキビ予防・改善などなど。アロエの化粧水が数多く発売されているのは、このような効果があるからです。

薄毛や毛質改善効果

なんとアロエは薄毛や毛質の改善効果も期待されます。

抜け毛の原因の一つとして、頭皮の炎症があります。アロエに含まれるアロインには炎症を抑える作用があるため、頭皮の炎症から起きる抜け毛についてアロエが効果を発揮してくれるといわれています。

また、頭皮の余分な皮脂が毛根をふさいでしまい、発毛を妨げることも抜け毛・薄毛の原因といわれています。この点についてもアロエの持つ余分な皮脂の分泌を抑える働きが、育毛・発毛を助ける可能性があると考えられています。

そしてアロエに含まれるアミノ酸類は、頭皮の新陳代謝を活性化し、メラニン色素の合成を活発にするため、白髪の進行を遅らせる効果も期待されています。

アロエとは

Getty logo

アロエは日常でよく見かける植物ですが、原産国やなぜ日本でもよく見かけるのかなど、意外と知らないことが多いのではないでしょうか?

最後に、アロエとはどのような植物かについて詳しく紹介します。

アロエは紀元前1500年から存在していた!?

アロエはツルボラン亜科アロエ属の多肉植物の総称で、現在までに500種以上が知られています。南アフリカ共和国からアラビア半島まで広く分布するが、とりわけアフリカ大陸南部、およびマダガスカル島に集中し分布します。

アロエについて最も古い記述は、古代エジプトのミイラと一緒に発見されたパピルスに記載されたもので、紀元前1500年頃(およそ3,500年前)のものになります。「眼病に良く効く」「ミイラを作る際の防腐剤」と、当時から薬として使われていたようです。

日本には鎌倉時代に伝来したとされ、現在はキダチアロエが九州、瀬戸内海、伊豆半島、房総半島などの海岸に逸出し帰化しており、そのほか多くの品種が食用のほか観賞用として栽培されています。

日本で一般的なアロエとその用途

日本で一般的に見られるアロエは、キダチアロエ、アロエベラ、ケープアロエが挙げられます。

キダチアロエ

キダチアロエは、観賞用、食用として栽培され、冬に赤橙色の花をつけるアロエです。「木立ち」の名の通り茎が伸びて立ち上がり、成長につれ枝は多数に分かれます。

日本の一般家庭で植えられていたりその辺に生えているアロエと言えば、このキダチアロエがほとんどでしょう。日焼けしたときに肌に貼り付けた覚えのある方もいるのではないでしょうか?

葉の外皮は非常に苦味が強いですが、葉内部のゲル部分はアロエベラと変わらず苦味はありません。しかし、葉が細く薄いので全葉を使うのが一般的です。

アロエベラ

アロエベラは化粧品やヨーグルトの具で聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

キダチアロエと違い、茎がないか、非常に短い茎しかないアロエです。葉は厚く、緑色から灰緑色で、表や裏に白い斑点が入っているもの等、様々な種類があります。夏に黄色い花を咲かせます。

アロエベラの葉は肉厚で中のゲルの部分だけを取り出すことが容易なので、全葉を利用する場合と中のゲルの部分だけを利用する場合の二通りの利用をすることができます。

ケープアロエ

ケープアロエは、南アフリカのケープ州を中心に産するフェロックス・アフリカーナ・スピカータとそれらの雑種のアロエの総称です。

ケープアロエの代表は、アロエ・フェロックスという品種です。高さが6メートルにもなり、葉が厚く、硬いとげが多いアロエです。株分けや挿し木はできず、種子で増やします。春先にオレンジ色の花が咲きます。

ケープアロエの葉の切り口からしたたり落ちる液を天日または火力で乾燥し固まったものを粉にしたアロエ末が薬となっています。大変苦みが強く、キダチアロエの粉の約15倍程度の苦み成分(バルバロイン)があります。

アロエの有効成分

アロエの有効成分は、主に植物系フェノール系、多糖類系、その他の3つに分類されます。

植物系フェノール系成分とは

アロエの植物フェノール系成分には鎮痛、雑菌抑制、酵素活性を抑えるといった作用があり、主に葉の外皮部分に多く含まれます。

主な成分を挙げると、アロイン、バルバロイン、アロエエモジン、アロミナン、アロエチン、アロエウルシン、ホモナタロイン、アロエニン、アロエシン、アルボランA・Bなどなど。

この中でもアロインがアロエの主成分となっています。これは、健胃、下剤の他、抗炎症、抗アレルギー作用の働きが確認されているようです。

多糖類系成分とは

アロエの多糖体系成分は、殺菌や消化吸収、傷の治療などに効果的な成分です。主に葉の内側のゲル部分に含まれています。

主な成分を挙げると、アロエマンナン、D-グルコン酸、D-マンノウロン酸、D-マンノース、ムチンなどなど。

化粧品などの保湿成分で使用される他に血糖降下作用、抗腫瘍作用、消炎作用等の研究報告もあり、老化予防、慢性病予防の解決の糸口になるのではないかと期待されています。

その他の成分とは

アロエにはそのほかの成分としてビタミン、ミネラルなど多様な成分も含まれています。

主な成分を挙げると、ビタミンA、B1、B2、B6、B12、C、E、カリウム、鉄分、アミノ酸、脂肪酸などなど。

これらの栄養素と植物系フェノール、多糖類が複雑に作用して、アロエの薬効を高めているのです。

アロエ大量摂取の副作用に要注意

Getty logo

さまざまな健康効果をもたらすアロエですが、大量摂取など使い方一つで体調を崩してしまう可能性があります。また、妊娠中の方など摂ってはいけない人も存在することも覚えておきましょう。

しかし、摂取量に気を付ければ数多くの健康効果を実感することできるすばらしい食材でもあります。用法用量を守って日々の健康に役立てましょう!

記事内容は、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、効能、効果、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を参考に行動する場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

関連するキーワード


アロエ

最新の投稿


口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

口コミで評判のプラセンタ商品って知ってる?おすすめの5選を紹介♪

プラセンタ商品は肌に塗る美容液からサプリメントまで様々なタイプの商品が市販されています。非常に多くの商品があるため、どれを選んだらよいか迷うほどですよね。この記事では口コミで評判のプラセンタ商品を5品紹介しています。自分に合う商品選びの参考にしてみてください。


育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

育乳ブラとしても使えるナイトブラおすすめランキング12選!2018年人気トレンドは優しい着け心地

今回は、育乳ブラとして使えるナイトブラのおすすめ商品をランキング形式でご紹介。選び方のポイントは、自分のバストサイズに合ったサイズであること、肌に優しい素材が使われていること、ほど良いホールド力が得られることなど。 上位にランキングしている商品に共通してみられる特徴は、着け心地の良さに配慮がなされていることです。


プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

プラセンタジェルに期待できる効果はたくさん♪ 話題の商品も併せて紹介!

美肌作りに高い効果を発揮するとして有名な『プラセンタ』は、古くから美容成分として使われており、世界三大美女とされているクレオパトラや楊貴妃までもが愛用していたといわれています。その高い美容効果から、現代でもモデルや女優の中でも愛用している方は多いといいます。そこで、プラセンタがもつ力を徹底解明したいと思います。


鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

鍛神HMBを購入して気付いた2つの後悔!口コミから判明した驚愕の効果

金子賢が全面監修した本格プロ仕様のHMBサプリ「鍛神HMB」。成分や価格など様々なことが気になっている人も多いのではないでしょうか?今話題となっている鍛神HMBを実際に購入して気付いた2つの後悔とともに、口コミから判明した効果をご紹介します。


シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

シミウス副作用が危険!?効果なし?実際に試して損した事実

今話題のシミ消し美容ジェル、シミウス。人気となっている一方で副作用がある、効果がないといった噂も聞かれます。実際のところはどうなのか本当の声を知りたい!というわけで購入して試してみました。